そもそもNMN点滴療法とは

点滴での治療では様々な薬剤が使用されています。
その中で近年、注目を集めているNMN点滴療法をご存知でしょうか。
NMN点滴療法はシワやたるみ、くすみといった肌トラブルの改善から加齢によって起こりやすくなる不眠や体力・意識の低下、さらに糖尿病や認知症に耳疾患・眼疾患などの改善など様々な効果が期待できる治療と言われています。

NMNは若返りの元と言われている物質です。
生物の体内にはNADという物質が存在し、各臓器が機能を維持できるよう修復したり、サーチュイン遺伝子を活性化させるという働きがあります。
NADは老化スピードを抑える物質ですが、加齢によって減少してしまいます。

NADが生成される前の状態がNMN、ニコチンアミドモノヌクレオチドです。
NMNも体内で作られる物質ですが、その生成能力はNAD同様加齢に伴って低下します。

このニコチンアミドモノヌクレオチドを血管内にダイレクトに取り込み、老化にブレーキをかけるのがNMN点滴療法です。

NMN点滴療法を受ける頻度

NMN点滴療法は即効性のある治療ではありません。
1回だけ施術を受けても、あまり違いを感じられないかもしれませんが継続して受けることで、少しずつ肌や体の変化を感じられるようになるでしょう。
NMN点滴療法を受ける頻度は、1週間から2週間に1回を推奨しているクリニックが多いです。
1回の点滴で100mg~200mgを、15~60分程度とゆっくり時間をかけて投与するケースが多いようです。

効果の現れ方や感じ方は個人差があるため一概には言えませんが、NMN点滴療法を初めてから3か月から6か月程度で効果を実感できるようになると言われています。

このようにNMN点滴療法は1週間から2週間に1回と、ハイペースな頻度で点滴をすることが必要になるため、通いやすいクリニックを選んでおくと良いでしょう。
仕事帰りなど何かのついでに行ける場所にあるクリニックを選んでおけば、無理なく点滴に通うことができます。

まとめ

NMN点滴療法は老化スピードを抑える作用がある治療です。
様々な効果が期待できる今、注目の治療です。
ニコチンアミドモノヌクレオチドという物質を点滴で体に取り入れます。
施術を受ける頻度は1週間から2週間につき1回を勧めるクリニックが多いようです。
個人差はありますが治療を開始してから3か月から半年ほどで、効果を実感できるようになります。
頻繁に施術に通う必要があるため、NMN点滴療法を受けるクリニックは通いやすい所を選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。